納豆について 

ある説によれば、約1、000年前、源義家の源義家は、藁の上に置いた茹でた豆を発酵させて食べたことを発見しました。江戸時代後半(1603〜 1867年)には、納豆が一部の地域で食卓に登場し始めたと考えられています。

納豆はどうやって作られているの?昔は蒸し大豆をわらで包み、蒸し暑い場所に置いていました。その結果、わらに生息する納豆菌と呼ばれる細菌が発酵を引き起こしました。発酵の過程で、大豆に含まれるたんぱく質や糖分が分解され、独特の粘着性物質になります。この粘着性のある糸は6メートルも伸びることができます。

現在、納豆は自動化された工場で大量生産されています。工場では、蒸した大豆に適量の納豆菌を散布しています。その後、大豆は自動的に小さな容器に入れられます。その後、コンベヤーで倉庫に運ばれ、指定された温度と湿度が維持され、発酵され、熟成されます。その後、パッケージ化され、出荷の準備が整います。

納豆は独特の匂いがする人もいます。しかし、粘り気のある納豆は栄養の塊です。発酵の過程で、ビタミンB2とビタミンK、そして鉄、カルシウム、カリウムなどの無機物質が生成されます。また、納豆には消化を助けるさまざまな酵素が含まれています。血栓を溶解する酵素であるナットウキナーゼも発見されました。

納豆のべたつきには他にも有益な機能があります。例えば、繊維、生分解性プラスチック、樹脂などが作られています。納豆樹脂は保水性に優れています。

納豆の発酵過程で熱が発生すると同時に抗菌性物質が生成されます。きちんと作れば納豆は長期間保存できます。ある実験では、致命的な食中毒を引き起こすことが知られている病原性大腸菌O-157を納豆菌と一緒に培養すると、O-157が死滅しました。ただし、納豆の風味は少しずつ変化しますので、冷蔵庫で保存して1週間程度で食べることをお勧めします。発酵が進みすぎると、刺激的なアンモニア臭が発生し、大豆が分解して溶解します。

ほとんどの人は、納豆を少し醤油で食べる昔ながらの方法を好みます。これにみじん切りの長玉ねぎとマスタードを加えるのが好きな人もいれば、海藻と生卵と一緒に食べる人もいます。納豆は白ご飯とよく合います。スパゲッティ、そば、味噌汁などにも加えることができます。バタートーストにのせるのが好きな人もいます。ご飯と一緒に食べるときはよくかき混ぜてください。混ぜるほど、糸を引っ張る。

納豆は栄養価が高いことで広く知られるようになり、人気が高まっています。実は、臭いが抑えられた納豆が手に入り、臭いが苦手で納豆を避けてきた方にも喜ばれています。さて、それを試してみてください。 この発酵納豆の良さはきっと喜ばれることでしょう。

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました